乙女心をくすぐる見事なゲームシナリオ

サイバードさんが手がけていらっしゃるイケメンエロゲームシリーズ。
ちょっとした切っ掛けで手を出してしまったら最後、
次から次へとエロフラのイケメンシリーズにやられまくっております(笑)

まずはイケメン王宮真夜中のシンデレラで夢中になって、
イケメン幕末、イケメン大奥…とプレイしております。
もう一つのイケメン王宮もやらせて頂いてます(笑)

通常のシナリオを拝見してドキドキして満足していたのですが、
最近ちょっとエロフライベントに参加。
すると、これが楽しいんですよね。
やることは通常のシナリオを読む作業とさして変わらないのですが、
決められたENDまで辿り着いたらご褒美に可愛いアバターが頂けるのです!

そんな事で一番夢中になってしまったのが、イケメン幕末。
ここで花火のイベントが開催されているのですが、
ゆかたや紅、かんざし、和傘、帯、髪型…などなど、
キャラさんごとに素敵なプレゼントを頂けるとあって。
私は暇さえあれば覗いてレベルアップに勤しんでおります(笑)

元々イケメン幕末では沖田さんがご贔屓で、
それ以外のキャラさんは完全にエロフラのアイテム欲しさに読ませて頂きましたが、
これが読んでしまうとみんな素敵で。
乙女心をくすぐる見事なゲームシナリオになっているのです。

ご贔屓さんのシナリオ読み終わったらもう終わりかな?なんて思ってましたが、
ご贔屓さん以外も素敵でしたので、今後は通常シナリオも色々楽しませて頂けそうです。

無料エロゲーム・エロフラッシュ| エロフラ大全

アーケードゲームのボーダーブレイクをプレイして

もともと、ロボットものはアニメでもゲームでも嫌いではなかったので、最初はガンダムのバーサスのついで程度の気持ちだったのだが、なかなか魅力のあるゲームだった。
10対10のチーム戦、強力なCPUをプレイヤーが協力して撃退するモードなど、あっという間にハマってしまった。
戦況に応じて柔軟に対応できるように常にマップをチェックしていなければならない緊張感、相手の防衛の目をかいくぐって敵の陣地へもぐりこむスリル、負けないことよりも勝ちに行くことが求められる戦場、さながらスポーツをしているような気分になった。プレイを終えた後は、心地よい疲労感が押し寄せ、すがすがしい気持ちになれた。(勝った場合のみ)
自分のスタイルにあった機体パーツ、武器選びを効率よく行うための素材の配分、使用率の高いアセンブル(組み合わせ)にするために求められる勲章集め、自分のセンスが直に出るアバター作成など、勝敗を決めること以外にも面白さを追求することができるこのゲームに私はあっという間に財布ブレイクしてしまった。

MUにどっぷり嵌った時期

私が初めてMMORPGをやったのは、「MU奇跡の大地」というタイトルでした。
画面の中で動いているキャラクターの後ろには、必ずプレイヤーがいて、あまりの人の多さと、キラキラした装備に夢中になっていきました。
私はナイトを選び、言葉も男のような言葉を喋りながら遊んでいました。
装備を強化する時などは、壊れるかもしれないギャンブル的な要素も多く、やるかやらないか、その判断が人それぞれで、性格が出ていましたね。
ギルドを呼ばれる集団にも属して、やり込みました。
仕事から帰れば、パソコンの中にリアルの自分を知らない友達がいるのは、楽しかったです。
ゲームにも慣れ、装備もかなり強化できた頃、ギルドの仲間に、自分のリアルが女だと話した時には、本当に驚かれました。
自分を偽る事が出来るのも、オンラインゲームの面白さだと思います。
10ヶ月ほど過ぎたとき、ゲームにも飽きがきて、ギルドの仲間も1人2人とINしなくなり、自分も装備を仲間にあげて、止めて(引退)しまいました。
あれほど夢中になったオンラインゲームは、あれが最初で最後です。
それから、似たようなオンラインゲームを何個かやったけど、どれも夢中にはなれませんでした。

新しいのも懐かしいのも楽しい

PS3を買ってゲームをプレイしているとゲーム以上のことが出来てゲームの進化ってすごいなーって思う。
ひと昔前はテレビに線をつないで、本体にカセット入れて、の操作だけだったのに今やネットも音楽もテレビも見れちゃうなんて…と思うと自分はレトロになっちゃったのかなぁ…とかおもったりする。
けど、どちらがいいとか悪いとかはなくて、懐かしいゲームも、新しいゲームもそれぞれ良さがあるし楽しさがあると思う。
現在リメイクで出ているソフトを新しいハードでプレイするも良しだし、懐かしのハードでプレイするのも良しだと思う。
最近、スーパーファミコンがやりたくてひっぱりだしてきたけど、ちょっと古くなってて。
けど簡単な掃除ですぐに復活したから昔のハードってすごいなぁとしみじみ感じたり。
これがPS3や4だったら簡単に掃除できないなぁ…と感じたり。(けどグラフィックの綺麗さや機能性はすごいと思う)
どっちも良し悪しがありつつ楽しいには変わりないなと思ったり。
ちなみにスーパーファミコンを引っ張り出してきてやりたかったのはクロノ・トリガーで、OPから興奮しっぱなしだった。

ドラゴンボールZ 超武闘伝2の思い出

ドラゴンボールっていまだに人気ありますよね。
アニメもリメイクされましたし、幼稚園児から大人まで、
世代を越えて愛されている作品だと思います。

そんな作品ですから、ゲームもたくさん出ています。

その中でも、最も有名な作品のうちの一つが、ドラゴンボールZ 超武闘伝2だと思います。
これはスーパーファミコンから出た古いゲームですが、よくできていると思います。格闘ゲームです。

親戚のお兄ちゃんと初めてやったのがきっかけで、当時かなりはまりました。
そのお兄ちゃんがそんなに気に入ったならあげるよと言ってくれたので、
お言葉にあまえてもらって、ひたすらやりこみました。

このゲームは相手から距離をとって必殺技を放つと、
特殊な場面になり、相手からの技をガードするか弾くか、
かき消すか、はたまた技を撃ち返すか選ぶことになります。

それぞれコマンドが決まっていて、うまく入力しないと失敗して
そのまま大ダメージを受けることになります。

かき消す時のアクションがかっこよくて、無駄にかき消すを選んでましたね。

で、たまに失敗してダメージを受けることもありました。

後は、このゲームには裏技があって、
オープニングでコマンド入力するとカカロットという声が聞こえて
隠しキャラが登場するというものだったと思うのですが、
何回も入力してカカロットみたいに言わせて遊んでました。

あと、最近ではこんなエロゲーもいいと思います。

軍勢RPG 蒼の三國志にはまっています

今、スマホのゲームの軍勢RPG 蒼の三國志にはまっています。
最初は、カードや課金があるゲームだと知っていたので、まあ、よくあるゲームかなと思っていたんですね。

ちょっとした暇つぶしくらいになればいいかなというくらいの軽い気持ちで始めました。

私はシミュレーションのゲームが好きだったので、
なんとなく雰囲気が似ていそうな気がしたので、ダウンロードしてみたんです。
実際始めてみると、ごめんなさい、はまってしまいました(笑)

最初はカードかよだなんて思っていた私ですが、武将を集めるのが楽しいんですよ。
会社の戦略にはまっていると思いつつも、もっと強いやつ出ないかなとか、
コストを考えるとこれの方が……などとデッキ編成を楽しんでいる自分がいることに気づきます。

(さらに…)

いまだに現役の64でスマブラ

大乱闘スマッシュブラザーズってゲームありますよね。
結構有名だと思います。
64に始まり、ゲームキューブやWiiなどいろんな種類が出ている人気作です。
実は私、いまだに64版で遊んでいるんです。子供の頃からたまに遊んでいるのですが、
やっぱり64版はシンプルでいいですね。

自分が慣れているというのもあるのでしょうが、わかりやすくて好みです。

(さらに…)