Monthly Archives: 6月 2014

MUにどっぷり嵌った時期

私が初めてMMORPGをやったのは、「MU奇跡の大地」というタイトルでした。
画面の中で動いているキャラクターの後ろには、必ずプレイヤーがいて、あまりの人の多さと、キラキラした装備に夢中になっていきました。
私はナイトを選び、言葉も男のような言葉を喋りながら遊んでいました。
装備を強化する時などは、壊れるかもしれないギャンブル的な要素も多く、やるかやらないか、その判断が人それぞれで、性格が出ていましたね。
ギルドを呼ばれる集団にも属して、やり込みました。
仕事から帰れば、パソコンの中にリアルの自分を知らない友達がいるのは、楽しかったです。
ゲームにも慣れ、装備もかなり強化できた頃、ギルドの仲間に、自分のリアルが女だと話した時には、本当に驚かれました。
自分を偽る事が出来るのも、オンラインゲームの面白さだと思います。
10ヶ月ほど過ぎたとき、ゲームにも飽きがきて、ギルドの仲間も1人2人とINしなくなり、自分も装備を仲間にあげて、止めて(引退)しまいました。
あれほど夢中になったオンラインゲームは、あれが最初で最後です。
それから、似たようなオンラインゲームを何個かやったけど、どれも夢中にはなれませんでした。

新しいのも懐かしいのも楽しい

PS3を買ってゲームをプレイしているとゲーム以上のことが出来てゲームの進化ってすごいなーって思う。
ひと昔前はテレビに線をつないで、本体にカセット入れて、の操作だけだったのに今やネットも音楽もテレビも見れちゃうなんて…と思うと自分はレトロになっちゃったのかなぁ…とかおもったりする。
けど、どちらがいいとか悪いとかはなくて、懐かしいゲームも、新しいゲームもそれぞれ良さがあるし楽しさがあると思う。
現在リメイクで出ているソフトを新しいハードでプレイするも良しだし、懐かしのハードでプレイするのも良しだと思う。
最近、スーパーファミコンがやりたくてひっぱりだしてきたけど、ちょっと古くなってて。
けど簡単な掃除ですぐに復活したから昔のハードってすごいなぁとしみじみ感じたり。
これがPS3や4だったら簡単に掃除できないなぁ…と感じたり。(けどグラフィックの綺麗さや機能性はすごいと思う)
どっちも良し悪しがありつつ楽しいには変わりないなと思ったり。
ちなみにスーパーファミコンを引っ張り出してきてやりたかったのはクロノ・トリガーで、OPから興奮しっぱなしだった。